ドライアイ

ドライアイについて

ドライアイは疲れ目の原因

最近、パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使して、目が疲れやすい、あるいは何となく目に不快を感じるという人が増えています。

目に嫌な感じがあり、気になりだすと、仕事だけでなく日常生活にも不便を感じますし、頭の痛みや肩のこり、気分の悪さ(嘔吐感)などの症状に悩まされたりすることもあります。

こういった疲れ目の原因で、ここのところ注目されてきたのが目の乾き、いわゆる「ドライアイ」です。
目が疲れやすいのは、目を使い過ぎたためばかりでなく、もしかしたらドライアイのせいかも知れません。

眼球の表面を潤す力が低下した状態

ドライアイとは、本来目を保護するはずの涙の量が少なくなったり、あるいは量は十分に足りていても質が下がったりする場合があり、眼球の表面を潤し、保護する力が低下した状態です。

目の表面に無数の傷がついたりする場合もあります。

また、目に入ってきた細菌や花粉などの異物を涙ですぐに洗い流すことができなくなり、感染症やアレルギーなどの炎症が起こりやすくなります。

目が疲れやすい、目が乾く、物が霞んで見える、目がゴロゴロする、などのちょっとした不快感は、早めの診断と治療によって改善することが多いので、ご相談ください。

こんな症状はありませんか

  • 疲れ目になった
  • 目やにが出るようになった
  • 目がゴロゴロするようになった
  • 目が重たい感じがするようになった
  • 目が乾いた感じがするようになった
  • 目に不快感を覚えるようになった
  • 目の痛みを感じるようになった
  • 物が霞んで見えるようになった
  • 目がかゆくなった
  • 光を見るとまぶしくなった
  • 目が充血するようになった
※上記の項目のうち5個以上があてはまる場合は、ドライアイが疑われます。