一般眼科

一般眼科について

目は最も重要な感覚器官です

人は、外界からの情報の約8割を目(視覚)から得ています。

この膨大な情報量を考えると、鼻(嗅覚)や耳(聴覚)など他の五感に比べると、目は最も重要な感覚器官であると言っても過言ではないでしょう。

ちょっとした症状でも眼科を受診してください

そんな大切な感覚器官であればこそ、ちょっとした症状や、ほんの少し気になることであっても軽視すること無く、必ず眼科を受診していただきたいと思います。

ほとんど自覚症状の無いままに視力が大きく低下していたり、視野狭窄(見える範囲が狭くなる)が進んでいたりするケースも少なくありませんし、受診は早ければ早いほど、病状を早く改善したり、進行を食い止めたりすることができます。

病状が進行してから治療するよりも、治療にまつわる患者様ご自身の負担もずっと軽くなります。

万が一にも、目の病気が重症化することによって、仕事や学業、日常生活などに支障を来たすようなことが無いよう、ためらうこと無く眼科を受診してください。

こんな目の症状はありませんか?

  • 白目が赤く、充血している
  • 瞬きをすると目の乾燥が気になる
  • 涙が少なく、目が乾燥して痛い
  • 目ヤニがよくでる
  • 目の痛みがとまらない
  • 目のかゆみが気になる
  • 目の疲れがとれない
  • 目の異物感が続いている
  • 目のゴロゴロ感が気になる など

こんな見え方はしませんか?

  • 物が見えづらい
  • 光がまぶしく感じられる
  • 目の前にちらちらしたものが見える
  • 物が歪んで見える
  • 物が二重に見える
  • 物が霞んだように見える など
上記のほかにも何か目の異常を感じたら、迷わずに眼科を受診してください。